ファイナンシャルプランナーへの相談内容

ファイナンシャルプランナーは企業に属している人と、独立している人がいます(以下企業系、独立系)。どちらがいい、悪いということではありません。企業系ファイナンシャルプランナーについては、銀行、不動産会社、保険会社の社員、スタッフがファイナンシャルプランナーの資格を保有しているというケースが多いです。自社商品のメリットを伝え、より多く購入してもらうのが目的ともいえますので、選択肢が限られてしまうこともありますが、基本的に相談は無料でできます。

お札一方独立系ファイナンシャルプランナーは企業と契約して商品を販売し報酬を得る場合と、相談時間、相談内容により報酬を得る場合があります。相談がメインになる場合は相談費用が発生したり、ライフプランを作成してもらう場合に作成料として費用が発生します。

どちらのファイナンシャルプランナーに相談する場合も、メインになるのは保険の見直しや住宅ローンの借り換え相談など生涯で大きなお金が動くものが多いです。また、子どもの成長や親の老後問題などでライフプランが変わったときに、理想的な生活を送るための資金をどうまかなうか、加入している保険が現在のライフスタイルに合ったものなのかどうかを判断して、今後のライフプラン設定を作ってもらうことが可能です。

 

 

ファイナンシャルプランナーへの相談方法

企業系ファイナンシャルプランナーに相談すると、自社商品ばかりを勧められてしまうのではないかという不安があります。さまざまな保険商品の相談ができる店舗でも同様の心配があります。しかし毎月の住宅ローン返済、家族分の生命保険料など、生涯に渡って支出する大きなお金を少しでも節約するために、ファイナンシャルプランナーへの相談は欠かせないものになっています。

キーボードでは実際にファイナンシャルプランナーに相談するにはどうしたらよいのでしょうか。ライフプランの作成や、住宅ローン返済シミュレーションをしてもらうには、個人情報をかなり詳しく教える必要があります。いくらファイナンシャルプランナーとはいえ、他人に個人情報を伝えるのは勇気がいります。「どこでファイナンシャルプランナーをみつけるか」はとても大切なポイントなのです。

相談方法としてはインターネットで無料相談ができるサイトを探してみて、一度相談してみるのもいいでしょう。複数のサイトを選び相談することで、ファイナンシャルプランナーの対応を比較検討することができます。話し方、メールの返答対応、ライフプラン作成スキルや、アドバイスの的確さなど、さまざまな観点から比較しましょう。きっと信頼できるファイナンシャルプランナーが見つかるでしょう。

参照資料・・・ほけんの時間【公式】|生命保険見直しの無料保険相談